コラーゲン サプリは、どれがいい?

*

コラーゲンのサプリメントは本当に効果があるの?

33bab946b034cb8064881270b886d37d_s

近年、美容や健康に効果があるとコラーゲンが注目されています。コラーゲンは若いうちは摂取した栄養素から自然に体内で合成される成分です。体内のタンパク質の30%はコラーゲンといわれ、身体に無くてはならない物です。

このコラーゲンを合成する機能は、年齢と共に衰えていきます。コラーゲンを合成する機能が衰え、コラーゲンが不足すると、しわやたるみ、乾燥などの肌トラブルが起きると共に、関節の軟骨なども磨り減って、関節痛や骨粗しょう症などを起こしやすくなります。

コラーゲンを補うために、コラーゲンを多く含む食品やコラーゲンサプリメント、コラーゲンドリンクなどが人気ですが、コラーゲンサプリメントは効果がないと言う説と、効果があるという説に分かれています。

そこでコラーゲンサプリメントを服用することによって本当に効果が現れるのかを確かめていきます。


コラーゲンサプリは補助的役割

コラーゲンを積極的に摂取しようというときに真っ先に思い付くのがコラーゲンのサプリメントです。体内の他の成分でも不足すると補うためにサプリを飲みますが、コラーゲンを補おうとコラーゲンのサプリを飲む人も多いです。しかし、このコラーゲンサプリ、効果があるという説とないと言う説があります。

サプリが効果がないという説がある理由は、コラーゲンは口から摂取すると胃や腸で分解されてアミノ酸になってしまうことです。もちろん、分解されたアミノ酸を使って再び再合成する分には役立ちますが、コラーゲンとして不足分を補う事はできないのです。

サプリメントは飲むことで不足した成分を補うというイメージが強いですが、コラーゲンの場合はコラーゲンになるためのアミノ酸を補充する効果しかないため、思ったほどの効果が現れないのが現状です。

このようなデメリットを解消するためにコラーゲンのままで体内に吸収される、低分子コラーゲンサプリもトプ上していますが、コラーゲンサプリメントはコラーゲンを積極的に取り入れるときの補助的な役割と考えたほうが良いです。


コラーゲンサプリの効果をアップさせる方法

効果の有無が話題になっているコラーゲンサプリ。経口摂取によって体内に取り込まれたコラーゲンは、胃や腸でアミノ酸へ分解されてしまうため、コラーゲンとして吸収する量は非常に少ないです。

しかし、若い内は活発に合成されていたコラーゲンも、年齢と共に合成機能が衰えてくると不足してきます。不足してくると肌トラブルを起こしやすくなったり、関節痛や骨粗しょう症を引き起こしやすくなります。それを防ぐためにもコラーゲンを補う必要があるのです。

サプリメントで直接コラーゲンを補うことは難しいですが、コラーゲンの材料となるアミノ酸を増やすことができるので、コラーゲンを補給するための補助的な役割としてサプリメントは役割を発揮します。

では、より効果を高めるコラーゲンサプリメントの摂取の仕方について紹介していきます。


5176e849cf491129d353dbd5d2252019_s


コラーゲンのサプリはこうして飲むのが効果的!

コラーゲンは一度に大量に摂取しても、分解された上に必要な分以外は体外に排出されてしまいます。そのため一度にコラーゲンを多く含む食材やサプリを大量に摂取しても効果がありません。数回に分けて摂取するのが効果的です。

また、コラーゲンは数日飲むだけでなく、長期間に渡って継続して飲み続けることが大切です。そのためにも飲むのに負担がかからないサプリを選びましょう。

また、コラーゲンサプリメントだけで不足したコラーゲンを補うことはできません。サプリにはコラーゲンの他様々な成分が含まれているものや、添加物などが含まれている場合があり、過剰摂取することで副作用を起こすこともあります。コラーゲンはサプリだけで補うのではなく、食事やドリンクなど他のものも積極的に取り入れましょう。

コラーゲンの合成にはビタミンCや鉄分が必要です。いくらサプリでコラーゲンの原料となるアミノ酸を補給しても、ビタミンCや鉄分が無ければコラーゲンは合成されません。ですからコラーゲンサプリと共にビタミンCや鉄分も摂取する必要があります。

毎日飲み続けることで失われたコラーゲンを取り戻しましょう。


記事